biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

底面フィルター最強説と商品レビュー

愛用のブリラントフィルター

しかし、目詰まりが酷く、調整が微妙で玄人好み過ぎるのです。


そんな事言いながら、一番使い続けているフィルターでもあるのですが……

↑出張で三週間メンテすることが叶わず、その機能を失ってしまい、コケの繁茂を許してしまいました。


こんな事では、目指す完全放置には程遠く、何か策を練らなくてはと思います。

こちら↑はウーパールーパーのおちびちゃん水槽、まだ小さいとはいえ、かなり喰い散らかす生き物ですが、例によって暫く水を換えていないにも関わらず、かなり良い状態を保っています。

いつセットしたか忘れましたが、今の所本当にノーメンテ。


ですが、通水は安定していてブリラントフィルターのような煩わしさを感じません。


早速、底面フィルター最強説を実証してみようと思います。

↑水を換えてしまうと、改善の理由がフィルターの変更なのか、水を換えたからなのか、変化の理由が解らなくなってしまうので、抜いた飼育水は捨てずに使います。

↑砂も水槽から出さずに使います。

↑やっぱり安定した通水を予感させる良い噴出具合。

↑一時間程度で透明度もここまで上がります。


それにフィルタースポンジがない分、見た目スッキリ!!


ただ、狙った水質をどれだけ維持出来るのかはこれから観察していきたいと思います。


それと、別の水槽では…

違うメーカーのスポンジフィルターを試してみます。

構造は同じなのですが、もしかしたら、エアーの目詰まりが起きないかも知れないので、試してみます。

微妙な調整をしなくてもかなり良い噴出具合です。


触らずに、この状態をどれだけの期間維持することが出来るのか……

色も黒とクリアなので目立たなくて良いと思います。



さて、お次はスクレーパーです。

↑現在愛用中のスクレーパーです。


カミソリを取り付ける物や、スポンジ的な物、色々な物を試して、結果これに行き着いたのですが……


やはり、三週間放置した水槽の水面付近や、水草水槽特有の硬いスポット状のコケは頑固です。


そこで…

↑ネーミングがもう凄過ぎます。
凄い予感がします。

何枚ものプレートをずらして重ねた構造。

柔らかいコケはスルスル取れます。

水草水槽の硬いコケも難なく取ることが出来るようです。


しかし、柄が太すぎる!これは慣れかも知れませんが……

↑結構ゴツイので…

↑このように、今まで使っていたスクレーパーは薄いので、流木や水草の隙間にも問題無いのですが、水槽内で少し取り回し難いと感じました。


色も黒っぽいので……

↑このように白いとコケを良く目視しやすいのです。


パワーは申し分無いので、シーンに合わせて使い分ける事にしました。


まずまずオススメです。


フィルターでも周辺器具でも、色々試して結局、一番シンプルな物に立ち返ってしまうのは解っているのですが(笑


見つけると試したくなっちゃうんです。




バイランティ

昨日お迎えしたお魚さんに今日は餌を与えてみました。

人口飼料は無視されてしまいました。


やっぱり……と言う思いでブラインシュリンプを与えると、凄い勢いでパクパク食べます。


想像以上のおちょぼ口です。


ですから、他の餌は恐らく、食べたくとも食べれないのではないか……そして、そもそも口に入らないような大きさの物には構わないといった様子です。

観察していますと、すでに縄張りも各々定めてしまっているようです。

力関係も大体認識している様子で、下位二匹は、見るからに落ち葉に擬態して、目立つのを避けているように見受けられます。

そして、意外と気が荒く、頻繁に縄張りを主張して小競り合いをします。


とはいえ、動きはノロくて武器はおちょぼ口ですから、笑える程度の喧嘩に止まります。


本人達は必死なのでしょうが(笑

↑ボスに君臨したのはメスでした。

やはり、ボスとなった個体から色が上がって来ています。


その現象はどの種のお魚も一緒のようです。

行動パターンや表情等、なかなか多彩で魚類の中では知能は高いように感じます。

ボスとなったメスに、一目置かれるオスがいます。

このお魚はグラミーですから、やはり、アナバンテッド属特有の意思の疎通?と、申しますか、お話でもしているような行動もします。

胸鰭が触覚のように発達したグラミーの仲間は、その触覚をお互いに、チョンチョンと触れ合わせてコミュニケーションを取りますが…

この、スファエリクティスバイランティさんは、グラミーなのに触覚のような鰭がありません。

手を取り合う代わりに、キスをしたり…

耳元で囁いたりしているように感じました。


かなり面白い行動をしますから、見ていて飽きません。


水質調整に難有りですが、面白いお魚をお探しの方に是非、オススメしたい種のお魚さんです。

呪文


スファエリクティスバイランティ!!


と、呪文を唱えると、火の玉か何か出て来そうです。


スファエリクティス・バイランティ……


実は呪文じゃなく、お魚の名前なので御座います。


舌を噛みそうですね。…笑

4匹お迎えしました。

↑左がオス、右がメスです。

また地味なお魚を……と思われるかも知れませんが

化けるんです!


↓は某熱帯魚屋さんの画像です。

こんなエキゾチックな色になります。


ずっと前から、いつか飼いたいと願っておりました。

↑クラウンキリーさん達と同居してもらいます。

インドネシア・ボルネオ島に生息するそうです。


実は、彼らを迎える為にこの水槽をセットしました。

ボルビティスや

クリプトコリネ等のインドネシアに分布する水草をメインに構成しています。

そして、ニムファと言う睡蓮の葉の下で休むであろうと……

予想通り、睡蓮が似合います。

本種はチョコレート・グラミーの仲間です。

チョコレート・グラミーと言うと、飼育難易度の高いお魚で有名ですが…

このスファエリクティス・バイランティもかなりの曲者と聞きます。

絶対軟水!
例外は無く、水質のストライクゾーンを外れると容易く命を落とすと聞きました。

今の所、元気に泳いでいますが、どれだけ生かしておけるのか不安です。

やっと手に入れた念願のお魚さんですから、慎重に育てて行きたいと思います。

スファエリクティスバイランティ!!
呪文っぽい………笑