biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

消えた命と生まれた命

ボルケーノオトシンさんが死んでしまいました。

我が家に来なければ死なずにすんだかも……

等と思ってしまいますと、やはり責任は飼育者にあり。


ですからいつも心では、死んでしまったとは思わず。


殺してしまったと思っております。


さて、色々反省しながら今日もお魚達に餌を与えておりますと…

またトリファスキアータのメスちゃんが、黄色く警戒色になっておりました。

しかし、なんだか卵の数が少ないような気がします。

前回同様、消滅してしまう気がしますが……

今回はオスちゃんを別の水槽に隔離して様子をみようかと考えます。


勿論、卵消滅の原因がオスちゃんなのかは解りません。


様々アピストの繁殖は経験しましたが、このオスちゃんは少しDV過ぎる傾向がありますから、メスのストレスになっているのではないかと考えました。


本当に仲が良いペアですと、代わり番こで、卵の面倒をみる個体もいるのです。


↓ビタエニアータの稚魚水槽に隔離!

なんだかションボリして見えます。



余談ですが、また藻を買いました。

パッケージに日本産タヌキモって書いてありました。


買っておいてアレですけど……日本に自生しているものは絶滅危惧種に指定されているようですが大丈夫ですかね?


養殖でなく、現地採集モノならアウトではないのかと。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。