biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

早くもフィルタースポンジを戻す

以前、目詰まりしてしまってメンテナンスが面倒だから……と言う理由で、目の粗いスポンジに変更したコリドラス水槽と、ビタエニアータ水槽

やはりデトリタスの蓄積する場がスポンジ内から水槽内に……

↑水草や底床に↓こ汚い感じで御座います。


飼育している魚の種類によっては、このまま放置して数年後にデトリタスが消えるのか…等の実験も出来るのですが、何れの水槽も砂を厚くすることを避けたい種類の魚ですから、無酸素の領域(嫌気性バクテリアの生存域)を作り出すことが叶いません。


この嫌気性バクテリアこそが、水槽内に蓄積される硝酸塩等の蓄積物を脱窒によって気体へと還元する要なのです。


好気性バクテリアは硝酸塩までしか対応しておらず、結果、硝酸塩が蓄積されてしまう訳で御座います。


フワフワ過ぎる説明で申し訳なく思いますが、詳しい説明は他のブロガーさん等が解り易く解いておりますのでそちらを参照の事。


何故、コリドラスやアピストの水槽の砂を厚くすることを避けたいかと申しますと、嫌気環境ではエロモナス菌やカラムナリス菌といった殺傷能力の高い菌が活発化してしまいます。


(底面フィルターや水草の根張りで砂の中に酸素が循環するので有れば例外かと存じ上げます)


軟水を好む魚の多くがそれらの菌に対して抵抗力を持ち合わせていないので御座います。


従って…元のスポンジに戻しました。


ギャーギャー申しておりますが、簡単に言うと、現在の設備でデトリタスまでをも気体に戻してチャラにすることは出来ませんよ!


と言う事で御座います。


もっとハッキリ申しますと、

スポンジ掃除くらいすれば?


と言う事で御座います。


薄々気付いてはおりましたが、ネット情報に振り回されるよりも、自分で行って確かめないと納得出来ない性分なので御座いますから御理解を。


それでもまだ、諦めていません。


目指す所は、地球の縮図。


小さな水槽の中に、人間の介入無しで維持出来る環境を造り上げたいので御座います。


それにしてもブリラントフィルターに始まり、ブリラントフィルターに終わる。

このロングセラー商品が神々しく見える今日この頃で御座います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。