biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

デトリタスと生きていたミナミヌマエビ隊長

さて、前回ご紹介いたしました、汚染が懸念されるチェルノブイリ水槽。


エビちゃんが生存出来ないような水には、これからも生体を入れる気にはなれませんので……


勿体無いけどリセットしようと…


何年も維持してきた水槽ですから、バクテリア等が詰まった貴重な水が勿体無いのです。


このバクテリアに愛着がわくようになると、いよいよアクアリウム病と診断される訳で御座います。


致し方無し。


先ずは水草や流木を取り出して…………ん?何かいる!!

ハイグロフィラの根本の向こう側に、ミナミヌマエビ隊長を発見!


生きておりました。


昨日も内容物を取り出して見たのですが、何処かに隠れていたのでしょうか。


と、いうことはこの水槽、大丈夫です。

大袈裟な話では無く、農薬が水槽内に少しでも有れば甲殻類が生存することは出来ないので御座います。


一安心。


茶ゴケが生えるのはこの水槽だけですので、リセットではなく、オトシン専用水槽確保に路線変更致します。




↑底床が厚過ぎるので、砂を少し取り出す事にしました。


軟水を好む魚はエロモナス菌やカラムナリス菌といった病原菌に弱いようで御座います。


それらの菌は主に底床に巣くっていると聞きますから


砂の通水性が大事と……5㎜位に致しました。


中途半端ですが…ここら辺で流木等のレイアウトは又後日。



それともう1つ、気付いた事。

↑ボルケーノオトシンとビタエニアータ稚魚が4匹住んでいる水槽のスポンジです。


この水槽のスポンジも目の粗い、小さなスポンジに変更したのですが、

↑変更する前には見られなかったデトリタスのような物が水草に付着するようになりました。


推測上、フィルタースポンジの容量が減った分、変更前にはフィルター内に溜まるべくして溜まっていたものが、外部に溜まるようになったのではないかと考えます。


然るに、この水槽の環境ではもう少し容量の有るスポンジが必要なのではないかと思いました。


もしくはスポンジの容量に合わせた給餌に調整するのか…


今後の課題です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。