biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

水草

↓は去年までの水草水槽です。

30㎝キューブです。

テトラの外部フィルターと水草用のライトを使っています。

CO2は入れてません。

CO2を入れると成長が速すぎて、チョキチョキとトリミングばかりするはめになりますから、1年かかって↑の状態になる位が見ていて気楽だと思います。


↓今年の1月にリセットしました。リセットと言うよりも只、植わっていた物を引っこ抜いて、他の水槽達の水草を集めて寄せ植えにしただけ……。

この水槽はレイアウトこそ毎年変えておりますが、立ち上げから4年間フィルターも開けたことが無く、水換えもレイアウト変更の時に半分しただけ、という怠惰の極み水槽なので御座います。


最早レイアウト水槽と言うよりも、水草ストック水槽と化しました。

↑ブリクサー・ジャポニカ。

ブリクサーって「ぶり草」かと思ってましたが……bulixreなんですね(笑

日本にも自生しているようで御座います。

ショップで見かけるのは葉が10㎝近い淡い緑色のものばかりですが、CO2無しですと3㎝くらいの赤紫の葉になります。

↓ラヌンクルス。

ラヌンクルスは背の低い複雑な葉形の草です。

水上葉では綺麗な花が咲くようで、植木屋さんでも売っております。

成長が早すぎるのが難点でしょうか。

↑他にも赤いエキノドルスや赤いロタラ、グリーンミリオフィラム、クリプトコリネが数種類、雑然と植え込まれております。


↓オランダプラント。これは有茎草の中では成長が遅くて扱いやすいと思います。

葉の裏が紫になって綺麗です。


↓エキノドルステネルス。

テネルスは丈夫で無加温でも何でもテキトーに育ちます。


↓これ、知ってる方が居られますでしょうか。ガシャモクと言う日本の水草らしいです。

20年近く水草水槽を嗜んでおりますが、去年ショップで初めて見ました。珍草と言えるのか解りませんが。

↑グリーンミリオフィラムが萎縮してしまいました。

↓ハイグロフィラ・ロザエネルビスも本来もっと赤くなるのですが…並のハイグロフィラ・ポリスペルマっぽくなって、更に間延びしております。


クリプトコリネやウォータークリナム・アクアチカ等、根っこ命な草の為に肥料を大量にブチ込ませて頂きましたので、あまり栄養素を必要としない品種は様子がおかしくなってしまったようで御座います。

あっ、検証しておりませんから推測です。


他にもご紹介していないのが多々植えてあります。

何故こんなに水草をストックしているかと申しますと、もっと大きな水草水槽を立ち上げる為の準備なので御座います。


またCO2無添加でやりたいので、品種によって、無理矢理水中葉を展開させる草や、CO3を利用出来ない草等は、CO2を添加する必要があると思いますので、その選別でもあります。


この水槽で枯れる草は使えないということです。


そんな実験寄せ植え水槽をご紹介いたしました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。