biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

スポンジフィルターについて

現在愛用中のテトラ・ブリラントフィルター。

このフィルター、結果から申しますと面倒臭いんです。


勿論、メンテの仕方や使用状況によってはスムーズに機能してくれるんだと思いますが。


バカの一つ覚えのようにビオトープアクアリウムとか言って、半年に一度位しか水換えしない怠惰な管理をしており、フィルターのスポンジは頻繁にモミモミ洗えば詰まること等ないのだと存じますが、しかし意地でも放置したいのです。


3ヶ月間触らずにいると↓このようにエアーの噴出が無くなります。

先週スポンジモミモミしたフィルターは↓

ちゃんと出てます。


出ていないヤツですが、試しにスポンジを外してみますと↓

ちゃんと出ました。


要するにスポンジが目詰まりしなければノーメンテか若しくはメンテの周期を遅らせる事が出来るのでは?と……

目の粗いスポンジを見つけて来ました。


バクテリアの活動に関しては諸説あるものと存じますが、無駄に広い所で働かせるよりも、出来る限り狭い所での方が効率よく働くのでは?と推測しますので、ブリラントフィルターのスポンジに比べて小さいのも気に入っております。

早速取り付けてみますと、ほぼ水の流れも弱まらないまま、具合良さげです。


長年大したモデルチェンジもされないテトラ・ブリラントフィルター、恐らくはスポンジの表面積やら水の流速等、それなりに意味があっての事でしょうから、それを変えてしまうと濾過能力が低下するのではないかと懸念しますが、これで暫く様子を見たいと思います。

こんな調子でいつも改造してみたり、又はフィルター自体を他の物に変えてみたり、でも結局元のブリラントフィルターに立ち返るわけなのです。


面倒臭いフィルターと言いながらも、カートリッジを交換しなければならない物や、目詰まりの周期がもっと速い物、 そもそも濾過能力自体が怪しい物、流石!テトラ・ブリラントフィルターはロングセラー商品となるわけです。

しかし面倒臭い。


今回購入したストレーナースポンジですが、

他にもサイズ違いが有りました。

ストレーナーの挿入口にスリットが切られてましたから、

外部フィルターのストレーナーにもそのままで

被せる事が出来る便利アイテムなのです。


目の粗さも数種類あったと思います。


………今思い当たったのですが………。


散々フィルターを語っておいてアレですが、ボトルアクアリウムとかってフィルター無しで調子よく維持出来たりしますよね?


もしかして水槽もフィルター要らねーんじゃね?笑


近い内に試してみたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。