biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

ウパ産卵から16日目ー孵化ー

やっと孵化しました。


思い起こせばあの日にも、本日と同じく少し暖かくなってきた陽気の話をあちこちで聞き、蕗の薹が芽吹くのを見て、何かを買いに熱帯魚屋へ行ったのでした。

そこで出会ったのです。


2017年3月に初めてウーパールーパーの飼育を始めました。


以下はその軌跡です。

人生初ウパのマーブル↓

手から餌を食べるだろうか?とか、どんな水が好みなのかな?とか、ワクワクしながら毎日観察を続けました。

振り返ると、こんなにまだ小さかったんだなぁと微笑ましい記憶が甦ります。

赤ちゃんのヨチヨチ歩き。

ウーパールーパーの手足の動きが人間の赤ちゃんを連想させます。


なんて平和な生き物なんだろうと魅了されて行きます。

最初のマーブルがどうやらオスのように感じたので、(見分けがつかなかったので勘です)2017年の6月にメスだと感じる(笑)ブルーをお迎えしました。2017年8月にはショップでガリガリに痩せこけた死待ちのマーブルを偽善心に酔って救出。


結果、最初のマーブルはメス。

二番目のブルーもメス。

最後のガリガリ君がオスでした。


其々家に来たときは手足が生えたばかりの小さな個体でしたから、まさか1年経たずに産卵まで至るとは思ってもおりませんでした。


そして、2018年2月12日にブルーのメスが産卵。


↓産卵初日から……


先程、帰宅して孵化を確認。



正直な話、つい昨日までは育てるつもりの数匹を残して、あとはスネークヘッド等の肉食魚の餌にしてしまうつもりでしたが。


可愛がっている親個体の、それなりに苦労して産卵している姿を観ておりましたし、自分自身少なからず面倒を見てトキメキながら経過を観察してしまった……。


そんな訳で、そう易々と殺してしまうような事は出来ない心境です。


ショップに引き取ってもらって、等と考えてみたのですが、それは殺戮を他人に任せるみたいな事にはなりませんでしょうか?

心が痛む部分は人にやらせるみたいな……。


いっそ自分で唐揚げにして食べますか?


美味しいらしいのですが、遠慮したいです。



生き物を大切にしたい気持ちと、その事で自分の生活を犠牲には出来ない現実とをチビウパ達のピョコピョコ泳ぎに一喜一憂しつつ、悩む今日この頃で御座います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。