biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

エキノドルス

↓CO2無添加実験水槽

今よりも少し大きな水槽を始める時に、CO2を添加せずに育つ水草だけでレイアウトを作りたいと考えて、この水槽で実験をしている訳で御座います。

植え込みの配置は、水流の強い所や、明るい場所、暗い場所、等の適性は考えましたが、レイアウト的な事は考えずに雑然としています。



エキノドルスと言う種類の水草が好きなのですが…

↑ワインレッドの長い葉っぱのがエキノドルス・ウルグアイエンシス。

↑中央付近の深緑のがキューピーアマゾンと言って、やはりエキノドルスの一種です。



他にもエキノドルス・テネルスやアマゾンソード等のエキノドルスが植えてあります。



かなり沢山の種類が存在して、品種改良も盛んに行われているようで御座います。



今回は更に二株購入致しました。

↑エキノドルス・ジャガーです。

紫のドット模様があります。


そして

↑エキノドルス・オゼロット・グリーンです。

こちらはジャガーよりも葉っぱが鋭角に長くなるようですが、やはり紫のドットが薄く入っております。


この二株を植え込みました。

何れも、水上育成された水上葉と呼ばれる葉っぱなので、


これから、水中に適した水中葉と呼ばれる葉っぱが展開してくると思います。


きっと、今とは少し違う葉っぱでしょうから、どんな素敵な葉脈を魅せてくれるか楽しみです。


↑何処に植えたか解り難いですね(汗


ゴチャゴチャとジャングル化が進んでおりますが…


今のところエキノドルスの類いはCO2無添加でも大丈夫そうです。


CO2無添加が適さないと思ったのは↓

グリーン・ミリオフィラムです。
本来はもっと茶褐色のしっかりとした茎で、葉っぱも一回り程大きく広がる筈なのですが…


ミリオフィラム全種類が駄目なのか、他のも試してみたい所で御座います。




日本淡水魚

今日は熱帯魚ではなく、日本の淡水魚を買いました。

今までザリガニさんを飼っていた水槽に住んでもらいます。


ザリガニさんは別の水槽に引っ越してもらいました。


体長3㎝弱。
オヤニラミと言うお魚です。
恐らく8㎝位になります。

自然下では20㎝近くなる個体もいるようですが、大きくなるのは別種ではないかと言われています。


京都の桂川や九州四万十川水系に生息しているそうです。

様々な呼び名があり、カワメバルとも呼ばれます。

また、エラ蓋に目玉のようなグリーンの模様があることから、四つ目とも呼ばれるそうです。

まだ落ち着いていないので色が飛んでしまっていますが、成熟した個体は、赤や黄色の斑模様がハッキリと浮き出て綺麗になります。


絶滅危惧種であり、環境省のレッドデータに入っているので、自然下では捕獲禁止になっております。


従って、購入したのは養殖個体です。


養殖なので人にも慣れていて、すぐに固形の人工飼料を食べてくれました。


本来は肉食性で、小魚や甲殻類などを追いかけて食べます。


子供の頃に一度飼育した事があり、6年位生きました。


長生きで、人の顔を覚えるのでペットフィッシュとして人気があるようです。


とても可愛いお魚、オヤニラミをご紹介させて頂きました。



今日の水槽ー水面鏡などー

取り立ててニュースになるような変化は御座いませんが……


ぼーっと水槽を眺めて水面に映る様々が綺麗だなぁと思いました。


このニムファは一体どこまで巨大化するんでしょうか。


相変わらずのワイツマニーテトラさんの水槽は…

見上げて見ても、藻がモシャモシャで水面が見えません。


ハチェットさんの水面は…

アジの開き?


ブラックネオンテトラさん達が、良い色になってきました。

この水槽はもっと水草を沢山入れたいと思います。


水質には波があります。

今の水草水槽は、一旦水草の成長が鈍って低迷期です。

また上がり調子になるまで慌てず騒がず放置プレイ。

油膜が酷いです。


プレコさん水槽の水面は浮草ダクダクで御座います。

アクセントのレモンテトラさん達が黄色くなり始めた気がします。

黄色くなるのに何年もかかると聞いたので気のせいかも知れませんが……

色が出てなくても好きなんです。このお魚!

赤いアイシャドーが良いと思います。


ニムファの水槽に、植えた覚えのない小さいニムファが…

↑右はゴマノハグサで故意に植えました。

左の丸い葉っぱは巨大化ニムファとは違う葉形で別種、植えた覚えがありません。


何かに混入していたのが芽吹いたのでしょうか?