biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

底面フィルター最強説と商品レビュー

愛用のブリラントフィルター

しかし、目詰まりが酷く、調整が微妙で玄人好み過ぎるのです。


そんな事言いながら、一番使い続けているフィルターでもあるのですが……

↑出張で三週間メンテすることが叶わず、その機能を失ってしまい、コケの繁茂を許してしまいました。


こんな事では、目指す完全放置には程遠く、何か策を練らなくてはと思います。

こちら↑はウーパールーパーのおちびちゃん水槽、まだ小さいとはいえ、かなり喰い散らかす生き物ですが、例によって暫く水を換えていないにも関わらず、かなり良い状態を保っています。

いつセットしたか忘れましたが、今の所本当にノーメンテ。


ですが、通水は安定していてブリラントフィルターのような煩わしさを感じません。


早速、底面フィルター最強説を実証してみようと思います。

↑水を換えてしまうと、改善の理由がフィルターの変更なのか、水を換えたからなのか、変化の理由が解らなくなってしまうので、抜いた飼育水は捨てずに使います。

↑砂も水槽から出さずに使います。

↑やっぱり安定した通水を予感させる良い噴出具合。

↑一時間程度で透明度もここまで上がります。


それにフィルタースポンジがない分、見た目スッキリ!!


ただ、狙った水質をどれだけ維持出来るのかはこれから観察していきたいと思います。


それと、別の水槽では…

違うメーカーのスポンジフィルターを試してみます。

構造は同じなのですが、もしかしたら、エアーの目詰まりが起きないかも知れないので、試してみます。

微妙な調整をしなくてもかなり良い噴出具合です。


触らずに、この状態をどれだけの期間維持することが出来るのか……

色も黒とクリアなので目立たなくて良いと思います。



さて、お次はスクレーパーです。

↑現在愛用中のスクレーパーです。


カミソリを取り付ける物や、スポンジ的な物、色々な物を試して、結果これに行き着いたのですが……


やはり、三週間放置した水槽の水面付近や、水草水槽特有の硬いスポット状のコケは頑固です。


そこで…

↑ネーミングがもう凄過ぎます。
凄い予感がします。

何枚ものプレートをずらして重ねた構造。

柔らかいコケはスルスル取れます。

水草水槽の硬いコケも難なく取ることが出来るようです。


しかし、柄が太すぎる!これは慣れかも知れませんが……

↑結構ゴツイので…

↑このように、今まで使っていたスクレーパーは薄いので、流木や水草の隙間にも問題無いのですが、水槽内で少し取り回し難いと感じました。


色も黒っぽいので……

↑このように白いとコケを良く目視しやすいのです。


パワーは申し分無いので、シーンに合わせて使い分ける事にしました。


まずまずオススメです。


フィルターでも周辺器具でも、色々試して結局、一番シンプルな物に立ち返ってしまうのは解っているのですが(笑


見つけると試したくなっちゃうんです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。