biotope-aquariumのブログ

アクアリウム関連のフワッフワなブログです。

瓶フェチの落ち葉コレクター

皆様、集めた落ち葉は如何なさっておりますでしょうか?



何故か、普通落ち葉あつめるでしょ?って言う体で始まりましたが(笑


これも収集癖なのでしょう。


様々な形の落ち葉を集めるのが楽しいのです。


そもそもは、水槽に入れる為に集め始めました。

落ち葉からは、フミン酸、フルボミン酸、腐植酸、タンニン、等々、バクテリアの増殖やそれに伴う植物の育成に欠かせない成分が溶出するそうです。

ビジュアル的にも、より自然な水景を演出することが出来るので、欠かせないものとなっています。

集めに出掛ける楽しみも増えます。

しかし、収穫出来る季節は限られておりますから…

瓶詰めにして保存していたのでが、更に沢山容れられる容器は無いものかと、日頃から探すともなく探しておりました。

そして、輸入アンティーク雑貨を扱うお店で出会いました。


まさに思い描いていた瓶ちゃん!

落ち葉をシャレオツに収納したかったので御座います。


ガラスの容器は素敵です。

↑これは小さな流木を容れようと考えております。

↑オイルサーディンの瓶です。中身も美味しくてオススメですよ!


光の屈折が緑色になるので好きな瓶です。

シリカゲルを入れて、餌を小分けにしたり、様々使えます。

↑こちらも水槽に入れる為の夜叉節の実を保存する容器です。


夜叉節は水質を酸性に傾けてくれます。


↑お魚さんの餌として、ブラインシュリンプと言うプランクトンを湧かすのですが、その為の塩とブラインシュリンプ・エッグを入れています。


これ等もやはり輸入雑貨として売っていました。


珈琲の瓶には使い古したソイルを保存しています。

良く見ると、小さなミジンコのような生き物が蠢いていて、新しく水槽を立ち上げた時に、この微生物達を入れると早く生物濾過が働きます。



アナカリスの一輪挿し(笑


ガラス容器を見ると水を入れたくなるアクアリスト病です。


お気に入りのフラスコ。


麻紐でハンガーを造りました。

ナヤスという水草を入れています。


↓密封ボトルアクア

約三年経過です。

水草は増えたり減ったりを繰り返しております。

以前ご紹介しました、ティーポットです。

今のところ上手くいっているようです。

↑100均の瓶です。
虎の尾?だったか定かでは御座いませんが、シダを育ててます。
こちらも密封ですが、問題ないようです。

かなり前に、テラリウムと言う半分陸地で維持する水槽で使ったものです。


↑これは熱帯魚屋さんで購入したアクア用の容器です。

テーブルビオトープ。

メダカを入れるのはやめた方が良いでしょう。


膨張では無く、必ず飛び出します。経験談です。


瓶フェチで……

落ち葉マニアな様子をご紹介致しました。




水草水槽2017/1~現在

セットしたのは2016年ですが、画像が残っているのは2017年から。


○フィルター
テトラのバリューなんちゃら、外部フィルターです。


○ライト
ADAの水草育成ライトです。


○ヒーター
一応着けてますが、冬に水温計を見ると15度位になっている時があるので、作動しているか微妙です。


器具は以上です。


水槽はグラステリア30キューブです。


↓2017年1月からの変化です。

ソイル使ってますね。

ソイルだけ使う事はあまり無いのですが、面倒臭かったんでしょうね(笑

黄緑のパールグラス、赤いニードルリーフ・ルドウィジア、前景草のエキノドルス・テネルスです。

パールグラスが一番先に成長スイッチが入った模様。

前景にウォーター・ローンという食虫植物を植えました。

流木を足したり、ハイグロフィラ・ロザエネルビスも植えられています。

グリーン・テトラさんとオトシン・ネグロさんは今も別水槽にいますが、もともとはこの水槽に住んでいました。

ブリクサー・ジャポニカも追加してますね。

ここら辺で、たぶん半年経過位だと思います。

確か、ウォーター・ローンのための光量が足りなくて、赤系のハロゲンライトを足した記憶があります。

照明を追加して、やっとウォーター・ローンに成長スイッチが入りました。

右側にロタラ・フラワーや左側にポゴステモン・ヘルフェリを追加してます。


↓下草のウォーター・ローンと…

↓ギザギザ葉っぱのポゴステモン・ヘルフェリ…

この頃はこの二種類を上手く育てる事に熱中してました。

↓ハイグロフィラ・ロザエネルビスが思うようにピンクにならないのも悩みでした。

肥料が多過ぎると、ピンクにならない事をこの時知りました。

エキノドルス・テネルスはウォーター・ローンに飲み込まれ中です。

スイッチが入ったウォーター・ローンと光景草のパールグラスのトリミングに追われる日々。

特にパールグラスには嫌気がさしてきたのを思い出します。

パールグラス……

パールグラスのせいで周りが真っ暗現象(笑

ソイルの養分が無くなってきたおかげでロザエネルビスがピンクになりました。


この後、育ちすぎたウォーター・ローンに全てが飲み込まれてしまいました。


なかなか面白い光景だったのですが、当時は「なんだよこれ(涙)」と撮影する気にならずです。笑



↑記録が飛んで今年の1月です。

レイアウトするのを止めて、好きな水草をポンポン植えるだけのスタイルに路線変更。

ラヌンクルスを植えましたが、成長速度を見てウォーター・ローンの悪夢が甦り、即効撤去。

成長の遅い水草ばかり選ぶように為りました。


それでも水槽が小さいのですぐに一杯になってしまいます。


水槽サイズアップが待ち遠しいのですが……頑張って稼がねばと思います。


振り替えると、この水槽はたった一年半で目まぐるしく変化してますね!



↓そして今日の様子



以上、2017/1からの水草水槽でした。



ワイツマニー水槽

前回、バランスの崩れてしまったワイツマニー・テトラさんの水槽を改良しました。

改良後、少し落ち着いたので水草やお魚を観察。

落ち葉に隠れている子が少し元気が無くて心配です。

一番大きいオスちゃんは以前のような色に戻ったので、今のところ水質は悪くはないと思います。

5匹に減ってしまいましたが、これ以上減らさないよう、変化を良く観察するようにしたいと思います。

ポリゴナムspと言う水草ですが、葉の裏が赤くなると聞いて、もっと毒々しいと思いましたが意外と爽やかです。

その辺の道端に生えてそうな雰囲気は否めませんが(笑

流木やお魚さんともマッチしている気がします。

葉っぱが1つの節に、対にならずに一枚づつなのも特徴です。

レイアウトは狙った雰囲気には近いと思うのですが、フィルター等の人口物が邪魔なので、底面フィルターに変えるかも知れません。



以上、ワイツマニーさん水槽の改善その後、でした。